GIMPの使い方②|基本操作~画像の移動・拡大・縮小・回転

GIMPの基本操作を紹介する【Step.2】は画像編集ツールを使って「画像の移動」「拡大・縮小」「回転」をしていきます。画像を編集する時によく使う操作ですが簡単にできるので一緒にやってみましょう。

 
【Step.1】GIMPの使い方①|基本操作~画像の新規作成と保存

GIMPの基本操作②

ツールの使い方

画像の新規作成と画像の追加をした状態で解説していきます。今回使うのは画面の左側にある「ツール」です。

主に3つのパーツに分かれています。

1番上の部分に画像をドラッグするとウィンドウで開くことができます。これは誰かに教えてもらわないとなかなか気づかないのではないでしょうか。(気づかなかった人)

次はツールアイコンがたくさん並んでいます。画像を切り取ったり拡大縮小、回転、テキストを入力したり様々な加工ができます。その下にあるのが各ツールのオプションで細かい設定ができます。

移動

早速ツールを使ってみましょう。まずは使う機会が多い「移動」アイコン(十字矢印)をクリックします。

画像を選択して好きなところにドラッグするだけです。簡単ですね。

こんな感じで画像の移動ができます。

移動をやり直したい場合は画面の上の方にある「編集」から「~を元に戻す」をクリックします。

拡大・縮小

次は画像を拡大したり縮小したりすることができる「拡大・縮小」アイコンをクリックします。

このままだと画像が大きいので縮小したいと思います。縮小する画像をクリックすると格子状のフレームが表示されます。

縮小する前に小さいウィンドウにある「鎖マーク」を確認します。この鎖が離れていると「縦と横の比率」が狂ってしまいます。

「鎖マーク」をクリックすると繋がります。これで「縦と横の比率」を維持したまま縮小することができます。サイズが決まったら「拡大縮小」ボタンをクリックして確定します。

ウィンドウに数字を入力してもいいですが格子状のフレームの外側にある四角をドラッグしてサイズを変えられます。

こんな感じで縮小できます。

やり直したい場合は「編集」の「~を元に戻す」で一つ前の作業を取り消すことができます。

回転

画像を好きな角度に回転させる「回転」アイコンをクリックします。

画像を選択するとグリッド線が表示されます。

スライダーを左右に動かすと画像が回転します。角度が決まったら「回転」をクリックして確定します。

拡大縮小と同じように画像をドラッグして回転させることもできます。

こんな感じで画像を回転することができます。

操作をやり直したい場合は「編集」の「~を元に戻す」をクリックすると操作を取り消せます。

今までどんな操作をしたか履歴を見るには「編集」の「作業履歴」を選択します。すると右側の「レイヤー」が表示されていた場所に履歴が表示されます。確認が終わったら1番左のタブをクリックするとレイヤーに戻せます。


使用したイラスト無料イラスト【イラストAC】

最後に

以上で「画像の移動」「拡大・縮小」「回転」ができるようになったと思います。次の記事では「切り取り」を紹介していきます。(近日公開)

 


GIMPの使い方①|基本操作~画像の新規作成と保存
できるクリエイター GIMP 2.8独習ナビ Windows&Mac OS X対応