Inkscapeの使い方③|基本操作~円/弧ツールで楕円や扇形を描く

Inkscapeの使い方③では「円/弧ツール」を紹介します。「円/弧ツール」は円や楕円を描いたりその円や楕円を弧や扇形に変更することができます。さらに「選択ツール」を使って変形させれば様々な円/楕円を描くことができます。

この記事では「円/弧ツール」の基本的な使い方を紹介していきます。

 
関連記事
Inkscapeの使い方|画面の見方とツールバー/アイコン設定
Inkscapeの使い方①|基本操作~ドキュメントの新規作成と保存
Inkscapeの使い方②|基本操作~短形ツールで四角形を描く

Inkscapeの使い方③|円/弧ツール

円/楕円を描く

ツールボックスにある「円/弧ツール」を選択して斜めにドラッグすると円や楕円を描くことができます。

「Ctrl」キーを押しながらドラッグすると均等な円ができます。

「Ctrl」キーを押しながら楕円を描くと整数比で描画されます。「1:2」「1:3」

「Shift」キーを押しながらドラッグすると中心から広がるように描画されます。

その他にも「Alt」キーを押しながらドラッグする方法もあります。

「Alt」キーを押しながらドラッグするとカーソルぎりぎりのサイズで描画されます。

拡大・縮小

円の上にある四角をドラッグすると上下に拡大・縮小することができます。

左の四角をドラッグすると左右に拡大・縮小することができます。

弧/扇形を描く

右側にある○をドラッグすると弧を描くことができます。


扇形にするにはコントロールバーにある「扇形に切り替え」ボタンをクリックします。

「扇形」は閉じているオブジェクトで「弧」は閉じられていないオブジェクトです。ストロークだけに色をつけると分かりやすいと思います。

「Ctrl」キーを押しながら○をドラッグすると15度ごとにピタッと描画されます。

角度を15度から変更したい場合はコントロールバーにある「Inkscapeの設定」アイコンをクリックするか「編集」メニューから選択します。

「振る舞い」をクリックして「変化量」を選択し「回転のスナップ単位」の角度を変更します。

楕円を円にする

上にある□か左側の□を「Ctrl」キーを押しながらクリックするとそれぞれの□を直径にした円になります。

コントロールバーにある「円」ボタンをクリックして円にすることもできます。

楕円形を維持したい場合は「Shift」キーを押しながらクリックすると楕円になります。

色の変更

円のオブジェクトを選択して下の方にあるカラーパレットの色をクリックすると色を変更することができます。他にも左下のフィルをクリックして細かく設定するこもできます。

ストロークタブに切り替えて色を付けると画像のようになります。

「円/弧ツール」アイコンをダブルクリックすると「Inkscapeの設定」画面が表示されます。色を付けたオブジェクトを選択して「このツール独自のスタイル」にチェックをいれ「選択オブジェクトから取り込み」ボタンをクリックすると色を記憶することができます。

選択ツールで変形

ツールボックスにある「選択ツール」に切り替えると矢印が表示されます。その矢印でオブジェクトを拡大・縮小することができます。

オブジェクトをもう一度クリックすると矢印の向きが変わり回転させることができます。

「円/弧ツール」と「選択ツール」を使って変形させると画像のように描くことができます。

2つのツールを組み合わせて様々な円/楕円を描いてみてください。

最後に

「短形ツール」で基本を覚えた後なら「円/弧ツール」の使い方も覚えやすいのではないでしょうか。円を描く方法が色々あって混乱するかもしれませんが「Ctrl」キーを使うと比率が均等になることだけ覚えておけばいいと思います。

次は「星形ツール」の使い方を紹介します。


Inkscapeの使い方|画面の見方とツールバー/アイコン設定
Inkscapeの使い方②|基本操作~短形ツールで四角形を描く
できるクリエイター Inkscape独習ナビ Windows&Mac対応