【Inkscapeの練習】写真をテキストで切り抜いてロゴを作る

今回はこちらの動画を参考にテキストロゴを作っていきたいと思います。Inkscape for Beginners: Photographic Text Effect(英語)

Inkscapeの練習として2番目にやるには少しハードルが高かったです。でも何とかなったので少し難しいものにも挑戦してみると新しいテクニックの習得もできて一石二鳥かもしれません。

 

写真を切り抜いてロゴを作る

事前準備

今回作るロゴの見本

写真のダウンロード:https://pixabay.com/en/photos/?q=hot+air
フォントのダウンロード:https://www.fontsquirrel.com/fonts/montserrat

見本と同じ写真がないので好きな写真(背景が濃いもの)を選んでください。フォントは「Montserrat」の「Black」を使用します。

画像を用意

無料でダウンロードできる写真素材サイトPixabayで気球の写真をダウンロードします。

ダウンロードした写真をInkscapeの画面にドラッグしてインポートします。

「編集」メニューの「複製」で写真を複製します。ぴったり重なっているので見えませんが2枚重なっています。

1枚目はテキストで切り抜くための写真で、2枚目は気球を切り抜くための写真になります。

※この記事では写真を明るく修正して使用しています。

テキストを描く

ツールボックスにある「テキストツール」を選択して「TEXT」と入力します。

次にフォントファミリーを変更します。今回は動画と同じように「Montserrat」の「Black」を使用します。フリーフォントなのでこちらからダウンロードできます。

フォントをインストールしたらInkscapeを再起動してください。再起動したらコマンドバーにあるTアイコンをクリックして「テキストとフォント」ダイアログを開きます。

「Montserrat」の「Black(Heavy)」を選択して「適用」をクリックします。

写真を切り抜く位置を決める

テキストツールから「選択ツール」に切り替えて「TEXT」を写真の上に移動します。

「Ctrl」キーと「Shift」キーを押しながらドラッグして拡大します。

「Ctrl」キーは縦横比を維持して拡大しますが、横に拡大するので「Shift」キーを押して中心から拡大されるようにします。

「TEXT」が黒くて切り抜く場所が見えないので「フィル/ストローク」ダイアログの「不透明度」で薄くして写真を切り抜く場所を決めます。

位置が決まったら「TEXT」を複製します。「編集」メニューから選択するか、右クリックして「複製」をクリックします。

写真をテキストで切り抜く

複製されると2重になるので色が黒くなります。その状態で「Shift」キーを押しながら写真をクリックします。

「TEXT」と写真の両方を選択したら「オブジェクト」メニューの「クリップ」→「設定」をクリックします。

テキストの文字で写真が切り抜かれました。残っているのは気球を切り抜くための写真です。

黒い「TEXT」を選択して「オブジェクト」メニューの「背面へ」をクリックすると1つ後ろに移動します。

袋文字にする

黒い「TEXT」が後ろに移動すると「TEXT」の周りが黒くなっています。

拡大するとわかると思います。この黒い「TEXT」の色を変更して袋文字のようにしていきます。

後ろにある黒い「TEXT」を選択するには「Alt」キーを押しながら何度かクリックすると順番に後ろのオブジェクトを選択できます。左下のフィルとストロークが黒色に表示されたら選択できています。

「フィル/ストローク」ダイアログで黒い「TEXT」のフィルとストロークの塗りを白に変更します。不透明度は100%に戻してください。

ストロークのスタイルタブで「幅」を「22.000」(テキストの大きさによって数値が変わります)角を丸く設定します。

ストロークが内側にしかつかない場合は「パス」メニューの「アウトセット」を使ってみてください

ペンツールで写真を切り抜く

テキストがほぼ出来上がったので、次はテキストからはみ出た気球を切り抜いていきます。まず選択ツールから「ペンツール」に切り替えます。

気球は山がたくさんあるので山(曲線)の始点と終点を目安にクリックしていきます。



後から修正できるので大体でOKです。最後は最初にクリックしたところで線を閉じます。次はペンツールから「ノードツール」に切り替えて編集していきます。

気球の曲線に沿ってドラッグします。切り抜いてしまうので気球の内側で大丈夫です。あまりギリギリだと空の色が入ってしまうので気をつけてください。

ドラッグではうまくいかない場合はハンドルを動かしてカーブを調節してください。

ノードツールで編集が終わったら「選択ツール」に切り替えます。「Shift」キーを押しながら後ろの写真をクリックして気球と一緒に選択します。

「オブジェクト」メニューの「クリップ」→「設定」をクリックします。

写真が気球のかたちに切り抜かれました。

気球の位置が後ろにあるので「オブジェクト」メニューの「前面へ」をクリックして白いテキストの前に移動させます。

これでテキストと気球が繋がりました。

影をつける

「Alt」キーを押しながらクリックして白いテキストを選択します。

「編集」メニューの「複製」か右クリックで白いテキストを複製します。


複製した白いテキストのフィルとストロークを黒に変更します。

最後に黒にしたテキストを1番後ろに移動して影を作っていきます。


コントロールバーにあるYの数値を使って黒いテキストをずらします。

「フィル/ストローク」ダイアログの「ぼかし」と「不透明度」を使って影を調節します。

背景をつける

短形ツールに切り替えてテキストを覆うように長方形を作成します。選択ツールに切り替えて位置を1番後ろに移動したらフィルの色を黄色に変更してください。

次にフィルの塗りを単一色から放射グラデーションに変更します。グラデーションハンドルが表示されない時はキーボードのGを押すと表示されます。


グラデーションハンドルをクリックしてハンドルに色を設定します。今度はオレンジ色にして中心から外側に向かって色が濃くなるようにします。

これで完成!見本とは写真も違うので同じようにはいきませんでしたが、これが限界です・・・もっと濃い背景を使えばよかったと後悔。

最後に

少し初心者にはレベルが高いロゴ作成となりました。見本と同じ画像があればよかったのですが、気球と空と山が写ったあの画像が完璧だったのだと痛感しました。テキストで切り取る場所選びと画像選びが1番大変でセンスが必要。

次回は簡単なロゴに挑戦したいと思います。

 


【Inkscapeの練習】2018の数字ロゴを作ってみる