【Inkscapeの使い方】ノードツールでパスの編集・修正をする

「鉛筆ツール」や「ペンツール」でパスを描く方法を紹介しましたが、今回はその描いたパスを編集・修正することができる「ノードツール」の基本的な使い方を紹介します。

関連記事
【Inkscapeの使い方】基本操作~鉛筆ツールでフリーハンド線を描く
【Inkscapeの使い方】ペンツールで滑らかな曲線と直線を描く

 

ノードツールでパスの編集・修正

ノードツールの使い方

ペンツールなどで作成したオブジェクトを編集・修正する時は「ノードツール」を使います。ツールボックスにある「ノードツール」アイコンをクリックして編集していきましょう。

パスとノード

まずは編集するためのパスが必要になります。早速ペンツールで直線を描きましょう。※ペンツールで描いた線は全部パスになります。

「ペンツール」から「ノードツール」に切り替えると赤い線が表示されます。

両端にある◇ひし形が「ノード(シャープノード)」でその間にある直線・曲線が「セグメント」です。

赤い線が表示されない場合はコントロールバーにある「パスのアウトラインを表示」をクリックして有効にします。

画像ではわかりやすいようにストロークの色を「塗りなし」にしていますが、このままだと透明なので他の場所をクリックすると見えなくなってしまいます。その時は「Ctrl+A」でオブジェクトを全選択すると見つかります。(実体験)

パスの色が黒くてアウトラインが見えにくい場合は薄いグレーなど、透明度を調節すると見やすくなります。

パスを編集する

パスを編集・修正する1番簡単な方法がそのままドラッグするやり方です。

赤い線の上にマウスを乗せると掴んでる手のマークが表示されます。そのまま上下左右に自由に動かすことができます。

ハンドルで編集する

次に赤い線の両端にあるひし形◇のどちらかをクリックすると「ハンドル」が表示されます。クリックした「◇ノード」は青色に変わります。

ハンドルの〇丸の部分をドラッグすると線を変形させるこができます。

ハンドルが表示されない時はコントロールバーにある「選択ノードのベジェ曲線ハンドルを表示」をクリックして有効にします。

ノードを追加する

ノードを直接クリックするとそのノードだけが選択されますが、線をクリックすると両端にあるノードが両方選択されます。選択された「ノード」は青色に変わります。

「ノード」が2つ以上選択された状態でコントロールバーにある「新規ノードを選択セグメントに挿入」をクリックします。

アイコンをクリックすると自動でノードが追加されます。※2つ以上のノードを選択してからクリックしてください。

「新規ノードを選択セグメントに挿入」を使って追加されるノードは4種類あります。(Y軸=縦・x軸=横)画像では縦に上下した曲線なのでY軸のみ有効。

複数のノードを選択するには「Shift」キーを押しながらノードをクリックすると選択できます。

3か所のノードを選択した状態で「新規ノードを選択セグメントに挿入」をクリックすると、隣り合うノードの間(2カ所)にノードを追加することができます。

広い範囲を選択したい時はドラッグして選択したいノードを囲むとその範囲にあるノードが全て選択されます。

任意の場所にノードを追加

線をクリックして2つのノードを選択します。線(セグメント)の好きなところでダブルクリックするとノードを追加することができます。

「Ctrl」キーと「Alt」キーを押しながらクリックしてもノードを追加できます。

ノードを削除する

ノードの数を減らしたい時は、コントロールバーにある「選択したノードを削除」アイコンを使います。

まず減らしたいノードを選択します。その状態で「選択したノードを削除」をクリックするとノードを削除することができます。

「Delete」キーや「BackSpace」キーを押しても同じようにノードを削除できます。

ノードだけを削除

「ノードツール」アイコンをダブルクリックすると「Inkscapeの設定」ダイアログが表示されます。

初期設定で「ノードの削除時に形状を維持する」にチェックが入っています。この状態でノードを削除すると自動でノードとハンドルが変更されます。

他のノードとハンドルはそのままで、選択したノードだけを削除したい場合は「ノードの削除時に形状を維持する」のチェックを外すか「Ctrl」キーを押しながら「Delete」キーを押すとノードだけを削除することができます。

ノードの種類

ノードには4つの種類があります。それぞれ↓のようになります。

  • シャープ
  • スムーズ
  • 左右対称にスムーズ
  • 自動スムーズ

シャープノード

コントロールバーにある「選択ノードの種類をシャープに」をクリックすると選択したノードがひし形に変わります。

左右のハンドルを上にドラッグすると角を作ることができます。

スムーズノード

「選択ノードの種類をスムーズに」をクリックするとノードが四角に変わります。

右か左のどちらかのハンドルをドラッグするとカーブを調節できます。

左右対称にスムーズ

「選択ノードの種類を対称に」をクリックするとノードがスムーズと同じ四角になります。

スムーズとは違い、片方のハンドルをドラッグするともう片方も一緒に動かすことができます。

自動スムーズ

「選択ノードを自動スムーズに」をクリックするとノードが丸に変わります。

「自動スムーズ」はハンドルではなく直接ノードをドラッグして使います。上下左右に動かすと自動でハンドルが変わります。

ノードではなくハンドルをドラッグすると「スムーズ」に変わってしまうので注意してください。

セグメントを直線・曲線にする

コントロールバーにある「選択セグメントを直線に」アイコンを使うと曲線を直線に変更することができます。

線をクリックして2つのノードを選択します。その状態で「選択セグメントを直線に」をクリックすると直線になります。

次は「選択セグメントを曲線に」を使って直線を曲線に変更します。

まずは2つのノードを選択します。「選択セグメントを曲線に」アイコンをクリックするとハンドルが表示されるので、2つのハンドルをそれぞれ上にドラッグすると曲線ができます。

オブジェクトをパスに変換

最初に円/弧ツールで円を描いてオブジェクトを作成します。次にノードツールに切り替えてコントロールバーにある「オブジェクトをパスに変換」アイコンをクリックします。

するとオブジェクトがパスに変わり、ノードが表示されるようになりました。後はストロークに色をつけてフィルの色を塗りなしに変更すると輪ができます。

ストロークをパスに変換

星形ツールで星形のオブジェクトを作成します。わかりやすいようにストロークに色を付けて幅も太くしておきます。次にノードツールに切り替えて「選択オブジェクトのストロークをパスに変換」アイコンをクリックします。

ストロークの部分だけがパスに変換されました。フィルの色もストロークの色に変わっています。

パスメニューから選択することもできます。
最後に

「ノードツール」を使うと様々なパスの編集をすることができます。まだまだ他にもできることがありますが、私の実力不足により紹介しきれませんでした。これからは簡単なパスを作って編集する練習編を書いていく予定です。目指せ上級者!

 


【Inkscapeの使い方】ペンツールで滑らかな曲線と直線を描く
【Inkscapeの使い方】基本操作~鉛筆ツールでフリーハンド線を描く
できるクリエイター Inkscape独習ナビ Windows&Mac対応