【Inkscapeの使い方】ペンツールで滑らかな曲線と直線を描く

「鉛筆ツール」よりも簡単に直線を書くことができる「ペンツール」。他にも少ないノードで修正もしやすいなど使用範囲が広いので「ペンツール」をメインで使っている人も多いのではないでしょうか。そんな「使いこなせれば」便利な「ペンツール」の使い方を紹介します。

ここからは中級編になりますが、基本的な使い方の紹介となるべく難しい言葉は使わないようにしています。

ペンツールで曲線と直線を描く

ペンツールの使い方

Inkscapeの画面を開き、ツールボックスにある「ペンツール」を選択します。

直線を描く

直線を描く時はクリックしてから次の場所に移動して、またクリックすると直線を描くことができます。終了する時はダブルクリックします。

クリックして移動を繰り返すとジグザグ線になります。

実際に描くとこんな感じになります。動画だと描画線が映らないので脳内補完してください。

連続する直線セグメントを作成

コントロールバーにある「連続する直線セグメントを作成」を使うときれいな直線を描くことができます。

「連続する近軸線を作成」は水平と垂直(上下左右)のみ描くことができます。

直線だと四角形を描いたり+マークみたいなものを描いたりする時に歪まないので便利です。

点を描く

「連続する直線セグメントを作成」と「連続する近軸線を作成」モードの時に点を描くことができます。

「Ctrl」キーを押しながらクリックすると点を描くことができます。初期設定では線の幅の「3倍」になっています。※描いた点は円/弧オブジェクトになります。
「Ctrl」キーと「Shift」キーを押しながらクリックするとさらに2倍大きい点になります。
「Ctrl」キーと「Alt」キーを押しながらクリックするとランダムな点を描くことができます。

グリッド表示

直線や曲線を描く時に目安になるグリッド線があると描きやすくなります。クリッド線を表示させるには「表示」メニューの「ページグリッド」にチェックを入れます。

右側にあるスナップバーの「グリッドにスナップ」をONにするとグリッドにぴったりくっついて描画できます。

半円を描いていみる

まずは簡単な曲線から描いてみましょう。好きな場所でクリックしてから半円になるような半径の位置でもう1度クリックします。そのままクリックした状態で横にドラッグするとハンドルになります。

ハンドルをドラッグして曲線を調節します。

クリックすると続けて曲線を描くことができますが、今回は半円なのでダブルクリックして終了します。

ダブルクリックすると半円(パス)が完成です。※編集する時は「ノードツール」を使います。

線を延長する

曲線を描いてからすぐに続けて描く場合は大丈夫ですが、一度違うオブジェクトを選択すると選択範囲が消えてしまいます。その場合はツールボックスの「選択ツール」に1度切り替えて延長する曲線を選択します。その状態で「ペンツール」に戻すと選択範囲が再表示されます。

曲線にある四角□をクリックして向きを変えた半円を描いていきます。

好きな半径の場所をクリックして、そのまま横にドラッグします。

最後に終点でダブルクリックして半円が完成です。

半円が繋がりました。

滑らかな曲線を描く

半円の描き方に慣れてきたら滑らかなカーブを描いてみましょう。ここからは練習あるのみです。半円を描く時はクリックした後にまたクリック+ドラッグをしていましたが、今度は初めからドラッグして描いていきます。

ドラッグをやめると赤い線が自由に動かせるようになります。これが実際に描画する線で先ほどドラッグしていたのは「ハンドル」です。

位置を調節してもう1度クリックします。そのままドラッグして「ハンドル」でカーブを調節します。

マウスを離してまた好きな位置に移動します。位置が決まったらクリックしたままドラッグします。

「ハンドル」でカーブを調節してまた移動します。これを繰り返すと滑らかな曲線を描くことができます。

次は曲線の向きを変えてみましょう。クリックしたままドラッグする時に「Shift」キーを一緒に押すと向きを変えることができます。

曲線の向きを変える

マウスを離すとまた同じように赤い線が表示されます。「Shift」キーを押した場所だけ角になっているのがわかると思います。

終了する時はダブルクリックするか「Enter」キーを押します。

これでパスが完成(確定)しました。

曲線を描いている途中で「Delete」キーか「BackSpace」キーを押すと1つ前のノード□に戻れます。何度も押して戻ることができます。
「Ctrl」キーを押しながらドラッグすると角度を15度ごとに制限できます。

スピロパスを作成

「スピロパスを作成」モードは円/弧を繋ぎ合わせたような曲線を描くことができます。


成形

コントロールバーにある「成形」で曲線のスタイルを設定できます。

  • 三角形 底辺→頂角
  • 三角形 頂角→底辺
  • 円/弧

最後に

「ペンツール」は「鉛筆ツール」よりも使用範囲が広いツールなので頑張って「パス」の描き方を覚えましょう。ハンドルの調整が難しいですが、何度も書いているとコツが掴めると思います。下手な私が言っても説得力がないですね。一緒に頑張りましょう!

 


【Inkscapeの使い方】基本操作~鉛筆ツールでフリーハンド線を描く
inkscapeの本を探す