【Inkscapeの練習】シンプルなリボン~何度もカーブしたリボンを描く

今回はシンプルなリボンからカーブしたリボン・何度も折れ曲がったリボンなどをこちらの動画を参考に描いていきます。[Trick] Vector Ribbon Flat Design in Inkscapeただ何語かわからない・・・本当に見よう見まねです。

動画で使われているInkscapeの「モーション」機能を使うと何度も折れ曲がった(カーブした)リボンを簡単に描くことができるので、まずはシンプルなリボンから順番に作成していきます。

 

色々なリボンを作る

モーションを使ってリボンを描く

ツールボックスにある「ペンツール」で画像のようなZを描きます。Zの幅と角度がリボンの折れ曲がった(重なった)部分になります。

次に「エクステンション」メニューの「パスから生成」→「モーション」を選択します。

「モーション」ウィンドウのライブプレビューにチェックを入れ「大きさ(リボンの幅):15」「角度:90」に設定します。※任意で変更してください。「適用」をクリックして「閉じる」で画面を閉じます。

「選択ツール」に切り替えてリボンを選択したら画面下のカラーパレットをクリックして色をつけます。すると1番最初に描いたZ線とモーションで作成した部分が重なっているのがわかると思います。

コマンドバーにある「グループを解除」アイコンをクリックしてZ線を選択し「Delete」キーで削除します。

もう1度リボンを選択して「グループを解除」アイコンをクリックします。リボンが折れ曲がっている部分に少し濃いめの色をつけてストロークの色を「塗りなし」に変更しておきます。

リボンのカタチに整える

ノードツール」に切り替えてリボンの端を切り取ったように変形させます。

リボンの端の2つのノードをドラッグして選択したら「新規ノードを選択セグメントに挿入」アイコンをクリックしてノードを追加します。

追加したノードを選択して右にドラッグします。これでリボンの半分が完成したのでリボンを全て選択して「グループ化」アイコンをクリックしてグループ化します。

次に右クリックメニューの「複製」を使って複製します。複製したリボンを「Ctrl」キーを押しながらドラッグして右に移動させます。

コントロールバーにある「水平方向に反転」アイコンをクリックして反転させたら「複製したリボン」→「元のリボン」を「Shift」キーを押しながらクリックして両方選択します。

「整列と配置」ダイアログの「オブジェクトの左端を基準の右端に揃える」アイコンをクリックしてくっつけます。

元のリボンを先に選択すると下の画像のようになってしまうのでその時は「オブジェクトの右端を基準の左端に揃える」でくっつけることができます。

コマンドバーにある「グループ解除」アイコンをクリックしてリボンの1番前の部分を「Shift」キーを押しながらクリックして選択します。

「パス」メニューの「統合」をクリックして1つのオブジェクトにしたらコントロールバーにある「最前面へ」をクリックして移動させます。

色をつける

リボンの表側を「Shift」キーを押しながらクリックして選択し、好きな色をつけます。

リボンの裏の部分も同じ色に設定してから「HSL」のS(彩度)L(明度)を調節して濃いめの色に変更します。

リボン全体を選択してストロークを「塗りなし」から「単1色」に変更し「スポイト」でリボンの裏をクリックして同じ色にします。ストロークの幅も好みで変更してください。画像は「0.3」です。

これで完成です。複製して色を変えてみました。

カーブしたリボン

先ほど作成したリボンを右クリックメニューの「複製」を使って複製します。次に「パス」メニューの「パスエフェクト」をクリックしてダイアログを開きます。

「+プラス」マークをクリックして「曲げる」を選択し「追加」をクリックします。

「パスエフェクト」ダイアログに「曲げる」が追加されたら「ノードツール」アイコンをクリックします。

リボンの真ん中にパスが表示されるので下にドラッグして曲げます。

同じように他のリボンもカーブさせたら完成です。※1つでも大丈夫です。

複数折れ曲がったリボン

ペンツール」で画像のようにジグザグ線を描いたら「エクステンション」メニューの「パスから生成」→「モーション」を選択します。

「モーション」ウィンドウのライブプレビューにチェックを入れ「大きさ(リボンの幅):13」「角度:90」に設定します。※リボンの隙間が狭かったり広すぎた場合は「ノードツール」で線の位置や長さを修正してください。

最後に「適用」をクリックして「閉じる」で画面を閉じます。

「選択ツール」に切り替えてリボンを選択したら画面下のカラーパレットをクリックして色をつけます。コマンドバーにある「グループ解除」アイコンをクリックして先ほど描いたジグザグ線を削除します。

もう1度グループを解除したら画像のようにリボンが表になるように「Shift」キーを押しながらクリックして選択します。コントロールバーにある「最前面へ」をクリックして1番前に移動させます。

リボンの裏側を「Alt」+「Shift」キーを押しながらクリックして選択し、濃いめの色をつけておきます。

ノードツール」に切り替えてリボンの上端の2つのノードをドラッグして選択したら「新規ノードを選択セグメントに挿入」アイコンをクリックしてノードを追加します。追加したノードを内側にドラッグし、リボンの下端も同じように切り込みを入れます。

後は色をつければ完成です。

同じ色のオブジェクトを選択する時に便利なのが、右クリックメニューの「同じオブジェクトの選択」→「フィルの色が同じ」を使うとまとめて選択できます。

色をつけるとこんな感じになります。※色の付け方は目次から「色をつける」に飛んでください。

複数カーブしたリボン

ペンツール」に切り替えて下の画像のように8の字を描きます。「表示」メニューの「ページグリッド」を使うと描きやすいのでおススメです。

サイズが大きくなったら「選択ツール」に切り替えて「Ctrl」キーを押しながらドラッグして縮小します。

ノードツール」に切り替えたら全てのノードを選択します。コントロールバーにある「自動スムーズ」アイコンをクリックすると自動で曲線に変わります。

「エクステンション」メニューの「パスから生成」→「モーション」を選択します。「大きさ:13」「角度:90」に設定して適用します。※任意

「選択ツール」に切り替えて画面下のカラーパレットをクリックして色をつけたら、コマンドバーにある「グループ解除」アイコンをクリックして先ほど描いた8の字線を削除します。

もう1度グループを解除して「Shift」キーを押しながら画像のようにリボンの表部分をクリックして選択します。そのまま「最前面へ」アイコンをクリックして1番前に移動させます。

リボンの左側にある濃いグレーの部分を「Shift」キーを押しながらクリックして選択し「最前面へ」アイコンをクリックして1番前に移動させます。

リボンの表側になる左・中央・右側の部分を「Shift」キーを押しながらクリックして全部選択します。

ストロークの色を「塗りなし」に変更したら「パス」メニューの「統合」をクリックして1つのオブジェクトにします。そのまま「最前面へ」アイコンをクリックして1番前に移動させます。

次はリボンの裏側になる部分を選択しますが、全部同じ色なのでリボンの裏側を1つだけ選択し右クリックメニューの「同じオブジェクトの選択」→「フィルが同じ色」をクリックすると裏側が全て選択されます。

ストロークの色を「塗りなし」に変更して「パス」メニューの「統合」をクリックして1つのオブジェクトにします。後は好きな色をつけたら最後にリボンの上下端を整えます。

リボン全体を選択して「ノードツール」に切り替えたらリボンの端、2つのノードを選択します。「新規ノードを追加」アイコンをクリックして追加したノードを内側にドラッグして切り込みを入れます。

外側に広がるようにリボン端のノードを動かして調節したら完成です。

最後に

モーション機能を使うと何度も折り返したリボンを描くのに便利ですね。シンプルなリボンは他にも描き方が色々あるので、次回はそちらに挑戦したいと思います。