【Inkscapeの使い方】テキストを円形オブジェクトに配置する

この記事ではテキストを円形オブジェクトに合わせて配置する方法を紹介します。円に沿って外側と内側にそれぞれテキストを配置していきます。

参考動画Inkscape Basics: Wrapping Text Around A Circle

テキストを円形オブジェクトに配置する

テキストを円の外側に配置

ツールボックスにある「円/弧ツール」を選択して「Ctrl」キーを押しながら円を描きます。

次に「テキストツール」に切り替えて好きな文字を入力します。画像では動画に合わせて「WRAP YOUR TEXT」と入力しました。

テキストと円を「Shift」キーを押しながら選択します。

「テキスト」メニューの「テキストをパス上に配置」をクリックします。

すると自動で円に沿ってテキストが配置されました。

テキストの位置を変えるために1度選択を解除して、円だけを選択します。もう1度クリックして回転ハンドルに変えたら左上の回転ハンドルを下にドラッグします。

テキストが左右対称の位置になるように調節します。

操作をやり直したい時は「テキスト」メニューの「パスからテキストを削除」を使うとテキストと円が別々の状態に戻ります。

今の状態は円とテキストがぴったりくっついて離すことができません。テキストと円を離すためにまずは「テキスト」を選択します。

「パス」メニューの「オブジェクトをパスへ」をクリックします。※この操作をするとテキストツールで編集ができなくなるので注意してください。

テキストを円から離すことができました。

円の内側にテキストを配置

今度はテキストを円形オブジェクトの内側に配置していきます。先程と同じようにテキストと円を「Shift」キーを押しながら選択します。※円はフィルの色をなくしてストロークだけに色をつけています。

「テキスト」メニューの「テキストをパス上に配置」をクリックします。

今回はテキストを下側に配置したいので位置を変更します。

1度選択を解除して円だけを選択し直します。もう1度クリックして回転ハンドルに変えたら右上のハンドルを下にドラッグして回転させます。

大体、左右対称の位置になったらマウスを離してドラッグをやめます。

コントロールバーにある「水平方向に反転」アイコンをクリックします。

するとテキストが円の内側に配置されました。

文字の間隔が詰まりすぎているので「テキストツール」に切り替えてコントロールバーにある「AA 文字間隔」欄の数値を使ってスペースを空けます。

文字間隔を広げた分テキストの位置がずれてしまったので、また円を選択して回転ハンドルをドラッグして位置を直します。

正確な位置にしたい時はガイド線を使います。画面の上にある目盛りが書かれたところをドラッグするとガイド線を引くことができます。

テキストがある位置までガイド線をドラッグして移動します。ガイド線に合わせてテキストの位置を調節して左右対称にします。

ガイド線はもう使わないので削除します。ガイド線をクリックするとカーソルが指のカタチに変わるので「Delete」キーを押して削除します。

テキストと円を別々にしたい場合はまず「テキスト」を選択します。

「パス」メニューの「オブジェクトをパスへ」をクリックします。

するとテキストだけにすることができました。

最後に

テキストをオブジェクトに合わせて配置するのは円だけじゃなく他のカタチにも応用できます。ペンツールで書いた曲線に配置することもできるのでぜひ試してみてください。

 


【Inkscapeの練習】写真をテキストで切り抜いてロゴを作る
【Inkscapeの練習】オブジェクトに合わせてテキストを変形してロゴを作る