【Inkscapeの練習】ヴィンテージ風のロゴを作る

今回はこちらの動画を参考にヴィンテージ風のロゴを作っていきます。
Inkscape Tutorial: Vintage Logo with Scratched Texture

円・リボン・星のオブジェクトとテキストでロゴを作り、最後にスクラッチ風のテクスチャ画像でマスキングして仕上げていきます。
※見本と違うぞ!というツッコミはなしでお願いします

 

ヴィンテージロゴを作る

今回の見本

フォントダウンロード
Bebas:https://www.fontsquirrel.com/fonts/bebas
Bebas Neue:https://www.fontsquirrel.com/fonts/bebas-NEUE
テクスチャ画像ダウンロード:http://logosbynick.com/Scratch.png

動画では「Bebas」フォントが使われていますが、1種類のみなのでBebasの派生フォント「Bebas Neue」の方が使い勝手が良いです。

円の部分を作る

最初に円形部分を作っていきます。ツールボックスにある「円/弧ツール」で「Ctrl」キーを押しながら円を描きます。

円ができたら、フィルの塗りをなしにしてストロークだけに色をつけます。色は黒の不透明度50%にしてストロークのスタイルタブで「幅:3.000」に設定します。

右クリックメニューの「複製」を使って複製します。今度はストロークの塗りをなしにしてフィルに色をつけます。※これから作るオブジェクトは全て不透明度50%にします。

右下の矢印を「Ctrl」+「Shift」キーを押しながらドラッグして縮小します。

縮小した円をまた右クリックメニューの「複製」を使って複製します。

複製した円の色を赤に変えて右下の矢印を「Ctrl」+「Shift」キーを押しながら縮小します。

また右クリックメニューの「複製」を使って複製します。複製した円と後ろにあるグレーの円を「Shift」キーを押しながらクリックして選択します。

「パス」メニューの「差分」をクリックしてグレーの円を複製した赤い円の部分で切り抜きます。

赤い円を選択して右下の矢印を「Ctrl」+「Shift」キーを押しながら縮小します。

1番外側のストロークだけの円を選択します。「パス」メニューの「ストロークをパスに変換」をクリックしてパスに変換します。

これでロゴの円の部分の土台ができました。

リボンをつける

ツールボックスにある「短形ツール」に切り替えて「Ctrl」キーを押しながら正方形を描きます。

「パス」メニューの「オブジェクトをパスへ」をクリックして正方形をパスに変換します。パスに変換した正方形を編集するために「ノードツール」に切り替えます。

左側の2つのノードをドラッグして選択します。選択するとノードの色が青に変わります。

コントロールバーにある「新規ノードを選択セグメントに挿入」アイコンをクリックしてノードを追加します。

1度選択を解除して追加したノードを選択します。追加した真ん中のノードをドラッグしてリボンのカタチにします。

リボンを赤い円の横に移動させます。後から気づきましたが、このリボンの幅がロゴのテキストの幅になるので大きめの正方形にすることをおススメします。※画像は小さいリボンのままお届けします。直す気力がない・・・

リボンと赤い円を「Shift」キーを押しながらクリックして選択します。「整列と配置」ダイアログの「水平軸の中心に揃える」を使って真ん中に移動させます。

1度選択を解除してリボンだけを選択します。右クリックメニューの「複製」を使って複製したらコントロールバーにある「水平に反転」アイコンをクリックして反転させます。

「Ctrl」キーを押しながらドラッグすると水平/垂直に固定して移動させるこができます。

位置がずれてしまった場合はリボンと赤い円を選択して「水平軸の中心に揃える」アイコンで位置を調節してください。※画像は高さが微妙にずれてます

リボンを2つとも選択して「パス」メニューの「統合」をクリックして1つのパスにします。

リボンと赤い円を「Shift」キーを押しながらクリックして選択します。「整列と配置」ダイアログの「中心を垂直軸に合わせる」「水平軸の中心に揃える」を使って位置を真ん中に揃えます。

次に1番外側の円を選択して右クリックメニューの「複製」を使って複製し「パス」メニューの「分解」をクリックします。


そのまま、続けて「パス」メニューの「統合」をクリックしてください。

「統合」した円とリボンを「Shift」キーを押しながらクリックして選択します。

「パス」メニューの「差分」をクリックします。

すると外側の円のカタチにリボンが切り抜かれました。

リボンと外側の円を「Shift」キーを押しながらクリックして選択します。「パス」メニューの「統合」をクリックして1つのパスにします。※色が自動で円の色に変更されます。

テキストを書く

ツールボックスにある「テキストツール」に切り替えて「vintage」「logo」と入力します。コマンドバーにあるTアイコンをクリックして「テキストとフォント」ダイアログで「Bebas」の「Regular」または「Bebas Neue」の「Bold」を選択して「適用」します。

大文字のみのフォントなので自動で大文字に変換されます。画像は「Bebas Neue」の「Regular」ですが少し細いので「Bold」をおススメします。

選択ツールに切り替えて「VINTAGE」を選択します。コントロールバーにある「幅」の横にある鍵アイコンをクリックして、ロックしてから数値をドラッグして「Ctrl」+「C」でコピーします。

今度は「LOGO」を選択して「幅」の欄の数値を消してから「Ctrl」+「V」で先ほどコピーした数値を貼り付けます。すると2つのテキストが同じ幅になりました。

「整列と配置」ダイアログの「左端で揃える」をクリックして位置を揃えます。

「LOGO」を「Ctrl」キーを押しながら上にドラッグして位置を調節したらコマンドバーにある「グループ化」アイコンをクリックしてグループ化します。

テキストと赤い円を「Shift」キーを押しながらクリックして選択します。「整列と配置」ダイアログの「中心を垂直軸に合わせる」「水平軸の中心に揃える」を使ってテキストを円の真ん中に移動させます。

テキストを選択して「Ctrl」+「Shift」キーを押しながら右下の矢印をドラッグして縮小します。リボンの内側になるようにサイズを調節してください。※画像ではフォントをBoldに変更しました。

次に「ペンツール」を使って長方形を描いていきます。スナップバーにある「短形の角を含むシャープノードをスナップ」を有効にして(初期設定では有効になっています)左側のリボンの角をクリックします。

上の画像のようにリボンの角を順にクリックして最後に、最初にクリックした場所をクリックして線を閉じます。

選択ツールに切り替えたら赤い円と長方形を「Shift」キーを押しながらクリックして選択します。

「パス」メニューの「差分」をクリックします。

赤い円が切り抜かれました。そのまま続けて「パス」メニューの「分解」をクリックして赤い半円を別々にします。

テキストが少しギリギリすぎるので少し縮小しておきます。

星を作る

「星形ツール」を使って星を描きます。下の画像のようにスポーク比を「0.365」に設定します。

「Ctrl」キーを押しながらドラッグして星を描きます。少し斜めになるので選択ツールに切り替えて回転ハンドルで位置を直します。

右クリックメニューの「複製」を使って星を複製したら「Ctrl」+「Shift」キーを押しながらドラッグして縮小します。

また右クリックメニューの「複製」を使って星を複製したら右側に移動させます。

「整列と配置」ダイアログの「水平軸の中心に揃える」「オブジェクト間の水平方向間隔を等しくする」を使って星の位置を均等にします。

星の色を青に変更し、上にある赤い半円と星を「Shift」キーを押しながらクリックして選択します。

「整列と配置」ダイアログの「中心を垂直軸に合わせる」「水平軸の中心に揃える」を使って星を赤い半円の中央に配置します。

「Ctrl」+「Shift」キーを押しながらドラッグして星を縮小します。サイズはお好みで変更してください。

右クリックメニューの「複製」を使って星を複製したらコントロールバーにある「垂直に反転」アイコンをクリックします。

反転させた星と下にある赤い半円を「Shift」キーを押しながらクリックして選択します。

「整列と配置」ダイアログの「水平軸の中心に揃える」を使って星を下にある赤い半円の中央に移動します。

色をつける

仕上げにロゴに色をつけていきます。不透明度を100%に戻し、リボンと赤い半円を「Shift」キーを押しながらクリックして選択します。

カラーパレットをクリックして青い色をつけます。カラーコードは「#6F7C91」です。

次に星を両方「Shift」キーを押しながら選択して色を白に変更します。

最後にテキストと黒い円を「Shift」キーを押しながら選択して赤色をつけます。カラーコードは「#C83737」です。※円の方が色が濃いので不透明度を少しさげます

色が決まったら全て選択してコマンドバーにある「グループ化」アイコンをクリックしてグループ化します。そして回転ハンドルを上にドラッグして少し傾けたら完成です。

スクラッチ風マスク

動画作成者のサイトからダウンロードしたスクラッチテクスチャ画像をインポートします。Inkscapeの画面に画像をドラッグすると簡単にインポートできます。

インポートしたテクスチャ画像をロゴの上に重ねて「選択オブジェクトを最背面へ」アイコンで1番後ろに移動させます。

テクスチャ画像とロゴを「Shift」キーを押しながらクリックして選択して「整列と配置」ダイアログの「中心を垂直軸に合わせる」「水平軸の中心に揃える」を使って位置を揃えます。

ロゴより少し大きいくらいになるように「Ctrl」+「Shift」キーを押しながらテクスチャ画像を縮小します。テクスチャ画像を「最前面へ」をクリックして1番前に移動したらロゴとテクスチャ画像を両方選択します。

「オブジェクト」メニューの「マスク→「設定」をクリックするとヴィンテージロゴの完成です。

最後に

見本と同じようにはできませんでしたが、みんな違ってみんな良いということで勘弁してください。「Inkscapeの練習」としてロゴを作っているのでみなさんも動画を参考にロゴを作って練習してみてください。

やっぱり見てるだけじゃ上達しないですね。次も多分似たようなロゴを作る予定です。

 


【Inkscapeの練習】写真をテキストで切り抜いてロゴを作る
【Inkscapeの練習】2018の数字ロゴを作ってみる