【WordPressテーマカスタマイズ】Local by Flywheel のインストール

Local by Flywheel は簡単にWordPress開発環境を作れるツールです。開発環境なのでカスタマイズに失敗しても実際のサイトには影響はありません。複数のサイトを作れるのでテーマを自作したり、WEB制作してる人が表示テスト用に使うこともできます。インストールも環境に合わせてPHPやMySQLのバージョンを選ぶことができます。

早速、Local by Flywheelのインストール方法を紹介します。

Local by Flywheel をインストール

まず、Local by Flywheel|公式サイトにアクセスします。

Local by Flywheel|公式サイト

英語の公式サイトが表示されます。

FREE DOWNLOAD! をクリックします。

すると、このような画面が表示されます。

入力するのは3か所で大丈夫です。私はWindowsを選びました。

1.Mac か Windows を選択
2.メールアドレスを入力
3.サイト数を選択

最後に GET IT NOW! を押します。

ダウンロードが始まります。約500MBあるので環境によってはダウンロードに時間がかかります。もしダウンロードできない場合は click here をクリックしてください。

Local by Flywheelをインストール

ダウンロードしたファイルを起動します。

インストールが始まるまでに時間がかかります。準備が終わるとインストールが開始されます。私の場合はダウンロードからインストール完了まで1時間以上かかりました。焦らず待ちましょう。

インストールが終わると以下の画面が表示されます。エラーを報告するか聞かれるので協力しましょう。 Turn on Error Reporting をクリックします。

Local サイト作成

Localの画面が表示されるので LET’S GO! をクリックします。

インストールが始まります。Dockerを使ってる人はLocal imageのインストールもあるようです。

VirtualBoxやNode.jsから何度か変更を許可するか聞かれますが、全部はいを選択してください。インストールが終わったら + CREATE A NEW SITE をクリックします。

サイトの名前を入力します。英数字のみで demo、test、local などわかりやすい名前を付けます。終わったら CONTINUE をクリックします。

Preferred/Custom を選択

Preferredを選ぶ場合はそのままCONTINUEを押します。

Customを選ぶとPHPやMySQLのバージョンを変更することができるので様々なパターンを試すことができます。

1.Custom を選択
2.PHP、サーバー、MySQLのバージョンを選択
3.CONTINUEを押す

WordPressにログインするためのユーザー名とパスワードを入力します。admin、password や両方 admin にしたり覚えやすいものにします。入力が終わったら ADD SITE をクリックします。

カスタム設定した環境が構築されます。

次にWordPressのインストールが始まります。

サイト確認

全てのインストールが完了したらVIEW SITE をクリックしてサイトの確認ができます。

DEMOという名前のサイトが作成されています。

WordPressにログイン

次はWordPressの管理画面にアクセスします。Local に戻り ADMIN をクリックします。

先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力します。

管理画面が表示されましたが英語なので日本語に変更します。

Settings >> General を選択します。

Site Language を日本語に、Timezone を東京に設定します。

Save Changes を押して更新します。

日本語化されました。

WordPressファイルの場所

WordPressをカスタマイズする時に必要なファイルの場所を確認しておきます。

サイトのファイルがある場所
C:\ Users(ユーザー) \ ユーザー名 \ Local Sites \ demo(サイト名)

テーマのファイルがある場所
demo(サイト名)\ app \ public \ wp-content \ themes

プラグインのファイルがある場所
demo(サイト名)\ app \ public \ wp-content \ plugins

サイトの追加

サイトを追加するには画面の下にある+プラスボタンを押します。するとまたサイト名を登録する画面が表示されるので、同じ手順を繰り返せば追加することができます。

 
以上でLocal by Flywheelのインストールとサイト作成が完了しました。これでカスタマイズが気軽にできますね。お試しください。

 
こちらの記事でサイトのトレース方法を紹介しています
WordPressサイトをLocal by Flywheelでトレースする!