WordPressサイトをLocal by Flywheelでトレースする!簡単カスタマイズ

WordPressサイトをLocal by Flywheelでカスタマイズするにはまず、サイトのトレースをします。同じ環境を再現するためにテーマのダウンロードやWordPressの設定をするのでWEB制作など他のサイトをトレースする場合はFTP情報:ホスト名、ユーザー名、パスワードとWordPressのログインURL、ユーザー名、パスワードが必要になるので聞いておきます。

では早速、サイトのトレースの仕方を紹介していきます。

Local by Flywheelでサイトをトレース

Local by Flywheelをインストールしてあることを前提にしています。

インストールの仕方はこちらの記事を参考にしてください
【WordPressテーマカスタマイズ】Local by Flywheel のインストール

サイトを追加

Local by Flywheel を起動して左下にある + プラスマークをクリックします。

サイト名を入力します。英数字でdemo testなど開発環境だとわかりやすい名前をつけます。

Customを選びトレースしたいサイトの環境に合わせます。デザインのカスタマイズだけをするならそのままでもOKです。

ユーザー名とパスワードを入力します。覚えやすい英数字にするか、他のLocalサイトと同じでも大丈夫です。ADD SITEをクリックするとサイトが追加されます。

WordPressを日本語化

testサイトの「ADMIN」をクリックしてWordPressにログインします。WordPressは英語なので日本語に変更します。管理画面のSettingsからGeneralを選択。

Site Languageを日本語、TimezoneをTokyoにしてSave Changesを押すと日本語化できます。

テーマのダウンロード

FTPソフトを使ってテーマファイルをダウンロードします。他サイトの場合はFTP情報(ホスト名、ユーザー名、パスワード)が必要になります。

テーマファイルのある場所
サイト名 \ public_html \ wp-content \ themes

testサイトのテーマファイルがある場所
C: \ Users(ユーザー) \ ユーザー名 \ Local Sites \ test(サイト名)\ app \ public \ wp-content \ themes

FTPソフトFileZillaでテーマファイルを開き、親テーマと子テーマを先ほど作ったtestサイトにドラッグしてダウンロードします。

【Win/Macで使えるFTPソフト】FileZillaのインストールと使い方
【FTPソフト】WinSCP5.13のインストールとSSH接続の仕方

テーマを有効化

外観からテーマを選択します。

ダウンロードしたテーマが表示されていることを確認して子テーマを有効化します。画像はイメージです。

元サイトからエクスポート

トレースしたいサイトの管理画面を開き「ツール」→「エクスポート」を選択します。他サイトの場合はログインURL、ユーザー名、パスワードを聞いて同様の手順でエクスポート画面を開いてください。

投稿、固定ページなど必要なものだけ選びます。私の場合は投稿だけではうまく表示されなかったので全てのコンテンツを選びました。通常は必要なものだけ追加していけば大丈夫です。

「エクスポートファイルをダウンロード」をクリックするとxml形式のファイルがダウンロードされます。投稿や固定ページなど複数のファイルをダウンロードする場合は名前の変更をするとわかりやすくなります。

ファイルをインポート

Localのtestサイトの管理画面を開き、「ツール」→「インポート」を選択します。

元のサイトの管理画面と間違わないように注意してください。

WordPressの下にある「今すぐインストール」をクリックします。

インポーターがインストールされた後「インポーターの実行」をクリックします。

エクスポートしたファイルを選択して「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。

「添付ファイルをダウンロードしてインポートする」にチェックを入れて「実行」をクリックします。

インポートが終わりました。複数のファイルがある場合は同じ手順を繰り返します。

プラグインのインストール

トレースしたいサイトに合わせてプラグインをインストールします。特に目次などプラグインを使って表示させているものはインストールしないと見た目が変わってしまいます。

管理画面 → プラグイン → 新規追加 → プラグインを検索 → 今すぐインストール → 有効化

各種設定

記事の投稿数、ウィジェット、メニューなどもトレースしたいサイトに合わせます。

表示設定:設定 → 表示設定

パーマリンク設定:設定 → パーマリンク設定

ウィジェット:外観 → ウィジェット

メニュー:外観 → メニュー

まとめ

これでサイトのトレースが出来たと思います。それぞれ環境が違うので必要に応じて変えてください。もっと早くこの方法を知っていたらカスタマイズが楽だったのに・・・既に色々いじった後にトレースするより早めにしておくと後が楽なのでおすすめです。

一つだけ注意点!管理画面を間違わないようにしてください。