【5ステップで出来る】リサイズ超簡単!Proの使い方

ブログをやっているとアイキャッチやスクショ、写真など、たくさんの画像をアップロードします。その時に必要になってくるのが「画像のサイズ(容量)を小さくする」ことです。大きすぎる画像をリサイズする時におすすめな「リサイズ超簡単!Pro」を紹介します。

注意
リサイズ超簡単!Proで使用できるファイル形式は「bmp、gif、jpg、png、tif」で、出力は「bmp、jpg、png、tif」になります

リサイズ超簡単!Proをダウンロード

 
まずはVecterから「リサイズ超簡単!Pro」をダウンロードします。

 
Vecterのサイトを開いたら「ダウンロードページへ」をクリック。

 
「このソフトを今すぐダウンロード」をクリックして、ダウンロード。

 
ダウンロードしたファイルを開くとインストール画面が表示されます。

「次へ」をクリックして保存先を指定します。ショーカットを作成する場合はチェックを入れて完了。

リサイズ超簡単!Pro の使い方

 
早速、使い方を紹介していきます。

まずは1番上にある【step1】から順にいきます。

【step1】変換元ファイル

ここではファイルの選択やリサイズ後の画像確認ができます。

各項目の内容
  • ファイル選択:画像ファイルを選択します。
  • フォルダ選択:フォルダごとまとめて一括でリサイズできる。
  • 変換ファイルリスト:画像名が表示されます。
  • ※画像をそのままドラッグすることも可能
    表示された画像名を選択すると、青く反転します。

  • [リサイズ処理]画像確認:リサイズ後の画像を確認することができます。
  • 削除」または「リスト全削除」で選択したファイルを削除

「画像確認」を押すと別ウィンドウが開き「コピー」をクリックするとクリップボードに保存されます。

閉じるボタンを押して終了。

【step2】保存先

次は保存先を指定します。

各項目の内容
  • 変換元フォルダに[Resize]フォルダを作成
  • デスクトップに[Resize]フォルダを作成
  • 保存場所を選ぶ」:指定のフォルダを選択して保存
  • 名前一括変換」:まとめて名前を付けられます。

お好きな保存方法を選んでください。

【step3】サイズ

画像のサイズを指定します。アスペクト比、縦横指定、フォーマットだけ変えることもできます。

プリセット1
  • アスペクト比 4:3
  • アスペクト比 3:2
  • 元サイズ[フォーマット変換]
  • サイズを変えずに「jpg→png」などに変換だけしたい場合に使います。

プリセット2
  • 横サイズ優先
  • 縦サイズ優先
  • 長辺、短辺サイズ優先
  • パーセント指定
  • 縦横指定

ブログの記事に画像を載せる時に、横サイズだけ指定してサイズがバラバラなスクショ画像を、記事にぴったりのサイズにして使用してます。やらなくても自動で縮小表示してくれますが・・・

MEMO
ブログの表示サイズ(画像や記事の幅など)を調べるのに便利なPage Rulerというchrome拡張機能があります。

【step4、step5】

最後にフォーマットを指定します。

【step4】変換精度をさらに向上とは、画像周辺に白い線が出るのを防ぎます。

【step5】フォーマット
  • jpg:保存品質を選べます。(5~100) 
  • 標準では80になってますが、「画像確認」で色々試してみて下さい。

  • BMPPNGTIFF

写真以外はPNGを選ぶことが多いです。

jpgの画像は「Exif情報の継承」のチェックは外しておくと良いです。使用する場合は「GPS情報の削除」にチェックを入れると個人情報流出を防げます。

Exif情報とは?
Exifとは、デジタルカメラで撮影した画像データに、撮影条件に関する情報(メタデータ)を追加して保存できる、画像ファイル形式の規格のことである。 Exifでは、撮影した画像データと併せて、撮影した日時やデジタルカメラの機種、絞り値、画素数、ISO感度、色空間、といった情報をまとめて記録することができる。引用 IT用語weblio

全ての設定を確認して「変換開始」を押すと完了。

出来ました。

「リサイズ超簡単!Pro」は、一つの画面で全て完了するので(画像確認を除く)簡単にリサイズできます。

お試し下さい。