画像に矢印や吹き出しを入れる|Screenpressoの使い方

画像に矢印や番号、吹き出しなどを入れることができるScreenpressoの使い方を紹介していきます。

この記事ではScreenpressoをインストールした後を想定しています。

Screenpressoをインストールする方法はこちらの記事を参考にしてください。

関連記事:Screenpressoの設定とキャプチャの仕方

画像のサイズを整える

最初に画像のサイズを調整してから矢印などの装飾をしていきます。

ワークスペースを起動

まずは、ワークスペースを起動します。「Windows」 + 「Print Screen」
起動できない時はScreenpresso.exeをWindowsで検索して実行してみてください。

キャプチャーされた画像が一覧で表示されます。保存先のファイルを開かなくてもここで確認することができます。

編集したい画像をダブルクリックするとエディターが表示されます。他の画像を編集したい時は、画像をワークスペースにドラッグします。

画像の切り取り/縮小

キャプチャー画像の要らない部分を切り取ったり、大きすぎる画像を縮小したりするには画像タブを使います。デフォルトではメインタブになっているので画像タブに切り替えます。

切り取りたい部分をドラッグします。位置や大きさを後から修正できるのでズレても大丈夫です。調整が終わったらOKを押します。もし、途中でやり直したいと思った時は右クリックして戻るを選択するかメインタブのやり直しを押します。

切り取りができました。

縮小

縮小は横方向、縦方向に3種類あります。
指定範囲を削除してギザギザ/線の枠線効果をつけるものと枠線なし。

まず範囲を指定します。後から調整もできるので微調整しつつやってみてください。終わったらOKを押して確定。

すると縮小されました。

縦と横両方使うとこんな感じになります。使う機会はそんなに多くないと思いますがこんな機能もあります。

サイズ変更

画像のサイズを%、幅、高さなどを指定してサイズを変更することができます。

キャンパスサイズ

エディターの背景がデフォルトでは透明になっていますが、色をつけたり固定サイズに変更することができます。

枠線効果

左にプレビューが表示されています。この機能を使うにはプロ版にアップグレードしなければなりません。

OKを押すとポップアップが表示されます。

画像に注釈を入れる

画像に矢印や吹き出し、番号、テキストなど様々な装飾をすることができます。早速、やってみましょう。まずはメインタブに戻ります。

矢印を描く

矢印のアイコンをクリックすると下の画像のように使用できる矢印が表示されます。この中から好きなものをクリックして画像に矢印を描きます。

使用イメージはこのよう感じになります。これだけの種類があれば表現の幅が広がりますね。

後から長さや位置を変更できますが、さらにカスタマイズするには赤いにマウスオーバーすると表示される描画オプションを使用します。

影を薄くしたり、線の幅を太くしたりできます。色を変える時は色の横の▼をクリックすると色を選べます。

もっとオリジナルの色に変更したい時は下の方に見切れている「その他の色」をクリックすると色の追加ができます。

四角形を描く

四角形のアイコンをクリックします。5種類の中から好きなものをクリックして使用します。

実際に描いてみるとこのような感じになります。

一番右の四角形は指定範囲以外を暗転させます。1箇所だけ目立たせたい時に便利です。

カスタマイズしたい時は描画オプションで設定します。その設定をプリセットに追加すると次回から同じ設定のまま使うことができます。設定の追加をするにはまず基本設定をクリックします。

一番右にある「新規」をクリックすると追加されます。

わかりやすいように色を白にして登録してみました。今あるものを上書きして更新することも可能です。その場合は上書きしたい四角形を選んでクリックすると更新されます。

テキストボックスを追加

Tアイコンをクリックします。この表示だけだとよくわからないと思いますので実際に使ってみます。

使用するとこのような感じになります。ちょっと使うにはポップすぎると思ったらカスタマイズしましょう。

普通のテキストにするにはグローと影を0に設定します。フォント、フォントサイズ、左揃えを中央揃えに変えたりカスタマイズしてみてください。

吹き出しを追加

吹き出しアイコンをクリックします。6種類の吹き出しが用意されています。

吹き出しを選んでテキストを入力するとこのような感じになります。

赤い色のにマウスオーバーすると、吹き出しと中のテキストのカスタマイズができます。オレンジ色ので吹き出しの位置を変えられます。

番号付けを追加

吹き出しアイコンの隣りのアイコンをクリックします。5種類の中から選びます。

クリックすると番号だけが付きます。オレンジ色のをドラッグすると矢印を付けることができます。

赤い色のにマウスオーバーするとカスタマイズができます。オレンジ色ので矢印の位置を変更。

強調

マーカーアイコンをクリックします。マーカーで線を引いたような効果を付けられます。

色の種類は4種類あります。

描画オプションで色と透過性を変更できます。

文章に載せるとこのようになります。幅を揃えるのに少し調整が必要です。

引用:グリム童話|様々な言語でグリム童話を読めるサイト

楕円を描く

楕円のアイコンをクリックします。5種類の中から選べます。

使用するとこのような感じになります。

描画オプションで色や線の幅、影などをカスタマイズできます。

最後の楕円は周囲を暗転します。

ポリゴン描画

ポリゴン描画アイコンをクリックします。5種類の中から選べます。

実際に描くとこのような感じになります。描き方はまず、クリックします。そこが始点になり次にクリックした位置まで線が引かれます。それを繰り返して最後に右クリックで終了します。

5番目は周囲を暗転させます。最初と2番目のポイントまで何も見えないので難しいですね。

始点と終点を●か→にカスタマイズできます。

フリーハンド

フリーハンドアイコンをクリックして、線の種類を選びます。

実際に書いてみると下手すぎて申し訳ないです。デジタルで絵を描く人には簡単なのでしょうが・・・

こちらも描画オプションで線の色を変更したりカスタマイズできます。

指定の領域をぼかす

範囲を指定してぼかしを入れることができます。ぼかしてもわかる某有名サイト。

描画オプションでぼかしの濃さを調整できます。画像では最大になっています。

画像の追加

たくさんの種類が既に用意されていますが、参照をクリックしてフォルダから画像の追加もできます。

実際に使ってみると大きかったりするので調整が必要ですね。

描画オプションで変更できるのは透過性と影のみです。

ルーペを使う

ルーペアイコンをクリックします。この機能を使うと文字や画像を拡大して表示できます。

4種類の中から選べます。

実際に拡大してみるとこのような感じになります。

引用:グリム童話|様々な言語でグリム童話を読めるサイト

描画オプションでソースイメージを保存にチェックを入れると中のイメージが固定され、そのまま移動することができます。

波括弧を描く

波括弧アイコンをクリックします。横と縦の2種類で画像に波括弧を描くことができます。

長くなるほど透過します。

文章に使用してみるとこのような感じになります。


引用:グリム童話|様々な言語でグリム童話を読めるサイト

描画オプションで色や影、角を丸くしたりカスタマイズできます。

最後に確定を押して画像を保存します。

Screenpressoを使うと簡単に画像に注釈を入れることができます。ブログに合わせて色を変えたりカスタマイズして使ってみてください。