【画像に注釈を入れる】Screenpressoの設定とキャプチャの仕方

画像で解説する時に矢印を入れたり、枠線で囲ったりして装飾したい!でもPhotoShopでは値段が高くて機能が多すぎる・・・もっと簡単にできる無料オンラインツールかソフトはないかと探していました。そんな時に見つけた「Screenpresso」

Macで有名なSkitchと似たような?機能を持つWindows用「Screenpresso」は無料ソフトですが、有料版にアップグレードすることも可能です。無料の範囲でも十分な機能が用意されているので、早速紹介していきます。

※スクリーンショットとキャプチャが出てきますが同じ意味です。

Screenpressoをインストール

公式サイトScreenpresso.comにアクセスします。

Screenpresso | 公式サイト

サイトは英語ですが、日本語マークを押すと日本語で表示されます。

Get Screenpresso for FREE をクリックします。

ダウンロードページが表示されたら、Download Screenpresso をクリックしてダウンロードします。

メールアドレスの登録を求められますが、Skipしても大丈夫です。

このようなファイルがダウンロードされたらクリックして起動します。

使用許諾に「同意します」にチェックを入れ、「コンピューターにインストール」を選びます。もう一つの方はダウンロードした「Screenpresso.exe」単体で動作します。

これでインストールは完了です。

Screenpressoの初期設定

Screenpressoを起動すると以下のような画面が表示されます。

最初に初期設定を済ませましょう。右上のレンチマークをクリックして「設定」を選択すると設定画面が表示されます。

何も操作をしないとワークスペースが閉じてしまいます。その場合は「Windows」マーク + 「Print Screen」を押すと表示されます。これから頻繁に使うことになるので覚えておくと便利です。タスクバーにピン止めしておくのもおすすめです。

一般設定

Windows 起動時にScreenpressoを起動する
Screenpresso 改善のため、使用状況レポートを匿名で送る
Screenpressoの自動更新を有効にする。
クイックキャプチャウィンドウ(ウィンドウの上部に設置されます)

以上の項目はお好みで設定してください。私は画像のように設定しました。

画像の保存先をは探しやすいフォルダにすると作業が楽になります。

スクリーンショット設定

初期設定の画像形式:PNG/JPG/GIF/BMP/TIF
保存するファイル数:1~10000
ファイル名:日付と時間/番号付け/ユーザー設定

画像形式でJPGを選ぶと品質設定、TIFはコーデックを選べます。
保存するファイルは、私は画像の枚数を気にしなくて済むように最大の10000にしました。

共有設定

共有したい場合に設定します。

動画キャプチャ

動画を撮る時の設定をします。動画の撮り方は今回割愛します。

ホットキー

ショートカットキーを変更したい場合はここで設定します。

よく使うのだけ覚えておくといいかもしれません。

指定領域のスクリーンショット:Print Screen
アクティブなウィンドウをキャプチャ:Alt + Print Screen
録画:Ctrl + Print Screen
ワークスペース: Windows + Print Screen

高度な設定

ここはそのままでOKです。

キャプチャーの仕方

ワークスペースの「キャプチャ」をクリックし、キャプチャアイコンの横にあるプルダウンをクリックすると以下の画面が表示されます。

パソコンの画面の上部中央にカーソルを持っていくと「クイックキャプチャウィンドウ」が表示されるので、こちらからも操作できます。

主に使うのはこの3つ

指定領域のスクリーンショット
全画面のスクリーンショット
スクリーンショット起動を遅らせる(3秒)

指定領域のスクリーンショット

カーソルが十字のガイドに変わり、最初に以下のメッセージが表示されます。

キャプチャするウィンドウ、領域を指定
カーソルをキャプチャ画像に含める場合は「M」キー
中止する場合は「Escape」キーか右クリック

ガイドを切り取りたい場所まで移動。

ドラッグして範囲を指定します。

手を放すとキャプチャ完了。

場所を指定してスクリーンショット

ガイドをキャプチャしたい場所に移動します。矢印が指してる赤い枠で囲まれ部分がキャプチャ範囲です。

ガイドを上に移動するとウィンドウ全体が選択されます。タスクバーなど色々なところを選択できるので試してみてください。

クリックするとキャプチャ完了。ワークスペースに保存されます。

スクリーンショット起動を遅らせる(3秒)

カウントダウンが始まります。数字が1になった後、画面が一時的に全画面キャプチャされ、指定範囲領域キャプチャと同じようにキャプチャします。

カウントダウンの間に右クリックするとウィンドウもキャプチャすることができます。

カーソルを好きな位置に移動して「M」キーを押して追加したり、色々試してみてください。

全画面スクリーンショット

クリックすると一瞬で終わります。

最後に「自動スクロールを使ってスクリーンショット」ついて・・・プロ版は違うのかもしれませんが手動スクロールです。

自動スクロールは他のスクリーンショットツールで代用した方がいいです。私は拡張機能「Awesome Screenshot」を使ってます。

以上でインストールからキャプチャの仕方まで終了です。

次はキャプチャした画像を編集していきます。

関連記事|画像に矢印や吹き出しを入れる|Screenpressoの使い方