WordPressのリダイレクト設定~エックスサーバー編

WordPressをエックスサーバーでインストールした人を対象に紹介していきます。
エックスサーバーでドメインの設定をした時に独自SSLの追加、または設定をしたと思います。

ですが、設定をしただけでは「https://…」のURLへはアクセスできません。

以下の設定をして「https://…」でブログを表示(リダイレクト)できるようにします。

  1. WordPressでhttpからhttpsに手動で書き換える
  2. エックスサーバーで「.htaccessの編集」をする

WordPressでhttpからhttpsに手動で書き換える

WordPressにログインし、「設定」>>「一般設定」の

  • WordPressアドレス(URL):http://……
  • サイトアドレス(URL):http://……

それぞれhttpsに書き換えます。変更を保存するのを忘れずに。

詳しいやり方は、こちらの記事を参考にして下さい。

【WordPress】最低限やっておくべき基本設定3つ
注意
SSL設定をして反映されるまでに最大1時間かかるので、「https://……」で開けない場合は時間をおくか、違うブラウザで試してみてください。

.htaccessの編集をする

ここまでの設定ができていれば、「https://……」でブログが表示され、「http://……」は無効になっていると思います。

ここからは「http://……」でアクセスした時に自動で「https://……」にリダイレクトしてくれる設定をします。

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

サーバーパネル


MEMO
IDなどを忘れてしまった場合は、登録したメールアドレスで

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]

というタイトルのメールを見てください。

.htaccessの編集をクリックします。

ドメインを選択し、.htaccess編集タブをクリック。

以下をコピペして追加します。

注意
編集前に書かれているものはコピーして保存しておいてください。万が一不具合があった場合に元に戻せるので安心です。

右上にあるCopyボタンを押すと全部一括でコピーできます。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

参考 hitodeblog.com

上に貼り付けます。

「.htaccessを編集する(確認)」>>「.htaccessを編集する(確定)」で完了です。

確認のため「http://….」でブログにアクセスしてみてください。

「https://…」で表示されていたら設定が反映されています。

これで、間違ってhttpでアクセスしても安心です。