Google XML Sitemapsの設定とSearch Consoleへの登録手順

「Google XML Sitemaps」はXMLサイトマップを作成し、新しく記事を投稿すると自動でサイトマップを更新してくれるプラグインです。このプラグインで作成したサイトマップを「Google Search Console」へ登録するまでの手順を紹介します。

Google XML Sitemapsをインストール

  1. 管理画面 >> プラグイン >> 新規追加 >> 「Google XML Sitemaps」を検索 >> 「今すぐインストール」をクリック >> 有効化
  2. 設定 >> 「XML Sitemaps」

サイトマップを作成

サイトマップはまだ構築されていません。こちらをクリックしてまずは構築してください。

と書かれている「こちらをクリック」を押すとサイトマップが作成されます。

あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL:
https://sample.com/sitemap.xml

↑のように表示されたら完了です。

Google XML Sitemapsの設定

今回紹介するのは設定の1例です。お好みで変更してください。

基本的な設定はそのままでOKです。

投稿の優先順位

「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れます。

Sitemapコンテンツ

「カテゴリーページを含める」にチェックを入れます。

Change Frequencies

↑の画像のように変更します。

優先順位の設定

↑の画像のように変更します。

「設定を更新」クリックして完了です。

Seach Consoleの設定

Googleアカウントを持っている方は事前にログインしておきます。

Seach Consoleにアクセスします。

Seach Console へアクセス

Seach Consoleへログイン

右上のほうにある「ログイン」をクリックします。

アカウント作成

アカウントを持っていない方はアカウントを作成し、ログインします。

プロパティを追加

登録したいサイトのURLを入力して「プロパティを追加」をクリック

所有権の確認

別の方法 >> HTMLタグを選択

WordPressテーマSangoの場合

メタタグを全部コピーします。

注意
確認は最後に押すので、そのままにしておいてください。先にメタタグを設置します。

管理画面 >> 外観 >> カスタマイズ >> 詳細設定 >> 「headタグ内にコードを挿入」に貼り付ける


変更を保存します。

All in One SEOを使う場合

管理画面 >> All in One SEO >> ウェブマスターツール(下の方にあります)

メタタグの「content = “xxxxx”」部分のxxxxだけを貼り付けます。

変更を保存してSeach Console画面に戻ります。

「確認」を押して

この画面が表示されたら完了です。

そのまま「続行」します。

サイトマップの登録

Seach Consoleのトップページに戻り、「サイトマップ」をクリックします。

「サイトマップの追加テスト」をクリックすると

入力画面が表示されます。

Google XML Sitemapsで作成したサイトマップのURLをコピペします。

WordPressの管理画面 >> 設定 >> XML Sitemaps

あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL:
https://sample.com/sitemap.xml

sitemap.xmlを貼り付けます。

「サイトマップを送信」を押すと、全ての設定が完了です。

お疲れ様でした。